くらたび

〜暮らすように旅するひとり旅〜

パリの蚤の市『ヴァンブ(Puces de Vanves)』で掘り出し物を探してみた【体験記】

f:id:mimi_shiro:20181123182501j:plain

ヨーロッパの旅で何よりも楽しいのが、「蚤の市」。

いわゆる古いものを扱った古物店なんですが、日本でいうフリーマーケットとはちょっと違うんです。

それは"お宝"が眠っている可能性があるということ!

ヨーロッパでアンティークは、古ければ古いほど値打ちがつきます。

実は1ユーロで買ったものが、マニアの間でとても高値で取引されていたり...なんて夢がありますよね。

パリでは、賃貸や家も古いほうが値段が高いんです。新築が良しとされる日本とは正反対なのに文化を感じます。

今回は、気軽に行きやすいパリの蚤の市『ヴァンブ』で、掘り出し物を探してきました。

パリの蚤の市ってどんなところ?

f:id:mimi_shiro:20181123185029j:plain

パリの蚤の市と言えば、クリニャンクール、モントルイユ、ヴァンヴの3つが有名。

その中でも「ヴァンブ」は、パリ中心地から電車ですぐに行けるので観光客にも人気です。

パリ最大級のクリニャンクールには規模は劣りますが、品揃えも申し分ありません。


ヴァンヴは、毎週土曜と日曜の朝7時から午後1時ごろまで開催されています。

12時を過ぎるとポツポツ店じまいを始めるお店が多いため、9~10時くらいに訪れる人が多いそう。

私が訪れたのは11:00と、ちょっと遅めでした。

ヴァンブの蚤の市は、地下鉄・ポルト・ド・ヴァンヴ(Porte de Vanves)駅からすぐの場所にあります。

地下鉄をでて、東向きに少し歩き、一つ目の角を右へ曲がれば、すぐに露天がみえてきました。

この地図上の赤いラインに全てお店が出ています↓(青◯が駅)

f:id:mimi_shiro:20181123183304p:plain

お店が所狭しと30〜50件ほど並んでいますが、1時間もあればすべて見ることができます。 

少し遅めだったので、お客さんも減っており、のんびりみて回ることができました。

どんな品物があるの?  

f:id:mimi_shiro:20181123185115j:plain

アンティークな雑貨や食器、紙袋やマッチ箱、洋服やレース。ガラクタのような箱まで、なんでもあるのが蚤の市の魅力です。

本当のガラクタもあれば家具、古着、アクセサリー、本、古着まで色んなジャンルの古物が出品されるからこそ、掘り出し物も多いはず。

アンティークの中には、一点モノも多いので、あなたの"目利き"が試されます!

f:id:mimi_shiro:20181123185138j:plain

ヴァンブでよく見かけたのは、銀食器類。カトラリーケースに一式揃ったものから、一本ずつバラ売りしているものまで種類豊富でした。

可愛いティーカップやワイングラスに心動かされながら、お店を見て回ります。

1ユーロのグラスボックス↓

f:id:mimi_shiro:20181123184704j:plain

特に私が心を掴まれたのは、アンティークの家具。

こちらの家具、おいくらだと思いますか?

f:id:mimi_shiro:20181123184619j:plain

なんと1800円だったんです!

あまりの安さに思わず、本気で買おうか悩みました。お店の前を三度もうろうろ。完全に不審者です(←)

結果は、日本に送るにしても送料の方がかかってしまうので、泣く泣く断念…。

でもパリに住んでたら、こんな可愛いアンティーク家具で部屋を飾るのことができるんだ、と夢が広がった瞬間でした。


お土産にするなら、絵や本などがかさばらなくておすすめ。フランス語の古書は、飾っておくだけでもおしゃれな一品です。

実際にヴァンブでも、絵画の複製画やたくさんの古本がありました。

f:id:mimi_shiro:20181123184928j:plain

ドイツの蚤の市では時計をゲットした筆者ですが、パリの蚤の市では素敵な絵画を1枚GETして帰りました。

ヴァンブの蚤の市はロンドンとは違って、飲食店が少ないです。今回も、移動ワゴンの販売者が交差点沿いに一つあるだけでした。自動販売機もないので、飲み物などを持参していくといいですね。

蚤の市を楽しむためのポイント

最後に、蚤の市を訪れる際のポイントを簡単にご紹介します。

1.無闇に商品に触らない

店主の性格にもよりますが、中には勝手にものを触られることを嫌がる人もいます。

また、触ったら触ったでゴリ押しされて購入するハメに...なんてことも。

「触ってもいいですか?」Je peux toucher ca? ?(ジュプートゥシェサ?)と一言声をかけられるといいですね。

2.支払いは現金のみ

支払いはもちろん現金のみです。

カードなんて出したらお店の人も困ってしまうので、あらかじめ用意しておきましょう。

3.品物の状態はしっかり確認

購入する前に、品物の状態をしっかり確認しましょう。

カップにヒビが入っていて、厳重に保護してもスーツケースの中で割れてしまった...なんてこともあるかもしれません。裏表中身までしっかり見てから購入をおすすめします。

4.スリに注意 

パリのどの地区でもそうですが、日本よりも圧倒的にスリが多いです。

メトロの中では、日本語でスリに注意のアナウンスがなされるほど。どれだけ日本人の被害者が多いかわかりますよね(笑)

5.値段交渉は気軽しよう

値切り交渉は、紙とペンまたは電卓で直接見せれば伝わりやすいです。

日本のフリマとは違って、蚤の市を商売にしている人もいますので、もちろん店側は、高く買って欲しいですよね。

本当の価値は自分の眼で見定めるのが蚤の市の醍醐味。

『この商品がこの値段だったら買ってもいいな』と、あらかじめ自分が納得できる値段を決めておき、断るときはきちんと断りましょう。

おまけ:蚤の市で覚えておくと便利なフランス語

  • 「こんにちは」Bonjour. (ボンジュール)
  • 「見てもいいですか?」Je peux voir ca?(ジュプーヴォワーフサ?)
  • 「触ってもいいですか?」Je peux toucher ca? ?(ジュプートゥシェサ?)
  • 「いくらですか?」C’est combien ? (セ コンビアン?)
  • 「これください」Je prends Ça.(ジュ プラン サ)
  • 「ありがとう」Merci.(メルシー)
 ▲TOP