くらたび

〜暮らすように旅するひとり旅〜

地元っ子にまじって!ロンドンで訪れたいおすすめのマーケット7選

f:id:mimi_shiro:20180927160731j:plain

日本にはない文化として、ロンドンでおすすめしたい場所が"マーケット"です。

おいしい屋台が立ち並び、アンティーク雑貨が並んだり、アーティストの作品を購入できたりと、たくさんのステキなものに出会える場所なんです。

週末になると家族連れやデート中のカップル、平日には仕入れにくる地元のコックさんで賑わいます。気軽においしいものが手に入るので、まさにひとり旅にはうってつけですね。

今回は、そんなロンドンで訪れたい、おすすめのマーケットをご紹介します。

バラマーケット(Borough Market)

f:id:mimi_shiro:20180927160717j:plain

住所:8 Southwark St, London SE1 1TL イギリス

"おいしいもの"と言えば、真っ先にこのマーケットをおすすめします。

ハンドメイドのケーキ、たくさんの種類のオリーブオイルやチーズ、異国情緒あふれる屋台の数々。

野菜や果物はもちろん、ロンドンでは珍しく新鮮な海鮮を買える&食べられるのもこのマーケットの特徴です。

人気の屋台がズラッと立ち並び、お昼時や土日は行列ができています。ビールやワイン、チーズ・牡蠣などが充実しているので、お酒好きにもおすすめ。

最寄駅はロンドンブリッジ駅(London Bridge)、地下鉄をでると5分もしないうちに到着。歩いて行ける距離にロンドンブリッジやシェイクスピアグローブなどがあります。

f:id:mimi_shiro:20180927160806j:plain

↑テムズ川沿いの歩道

バラマーケットからロンドンアイ(観覧車)までのテムズ川沿いは、夕焼けもキレイでおすすめの散歩コース。

駅近で何度も行きたくなるマーケットです。

カムデンマーケット(Camden Market)

f:id:mimi_shiro:20180927160901j:plain

住所:Camden Lock Pl, Camden Town, London NW1 8AF イギリス

カムデンマーケットは、ロンドンの北側・学生街として若者に人気の高いカムデンタウンにあります。

カムデンマーケットのイメージといえば、"古着""スイーツ"

ドーナツ、カップケーキ、ココナッツジュース…屋台も一味違うアクセントの効いたものが多い気がするのは、若者の街ならではでしょうか。

↓色とりどりのケーキ、こんなお店がたくさん♪

f:id:mimi_shiro:20180927160916j:plain

皮製品とアクセサリーを扱っているお店が多く、マーケットの外にも古着屋が広がります。

カムデンは土地柄アジア人、特に学生が多い街。いつ訪れても賑やかで、熱気あふれる場所です。

ポートベローマーケット(Portobello Market)

f:id:mimi_shiro:20180927160954j:plain

住所:Portobello Rd, London W11 1AN イギリス

ノッティングヒルに位置し、観光客にもっとも有名なマーケットがこちら。

2キロ近くに渡り、ありとあらゆるお店が立ち並ぶロンドンでも最大規模のマーケットです。端から端までみるのに、3~4時間は覚悟しましょう。

アンティーク、服、アート、骨董はもちろん、屋台も選びきれないほどあります。

果物が安く売られていたり、オーガニックのコスメや石けんの質もよく、ここで手に入らないものはないのではないかという充実ぶりです。

観光客がごった返す土曜日がもっとも賑わうので、あえて平日に行くというのも手。日曜日はお休みなのでご注意ください。

オールドスピタルフィールズマーケット(Old Spitalfields Market)

f:id:mimi_shiro:20180927161015j:plain

住所:16 Horner Square, London E1 6EW イギリス

ロンドンの東、オールドシティにあるマーケットです。ホワイトチャペルに近い場所といえば、何となくイメージがわくのではないでしょうか。

東ロンドンの粗野なイメージとは裏腹に、区画整理されたとてもキレイなマーケットです。マーケットには珍しくトイレも一つしかありませんが、無料で使えるんですよ。

 

マーケット内は、オリジナルの皮製品(バッグ)、アクセサリー、ファッションアイテムが豊富。アーティストが自分の作品を展開していることも多く、本やアート好きの方にはたまりません。

屋台は、日本食からアフリカ料理までバラエティに富んでおり、平日にランチタイムにはサラリーマンで賑わいます。

ポートベローやカムデンほど広さはなく出店区画が明確なので、とても過ごしやすい気持ちのいいマーケットです。

ジュビリー マーケット(Jubilee Market)&アップルマーケット(Apple Market)

f:id:mimi_shiro:20180927161124j:plain

住所:1 Tavistock Court, London WC2E 8BD イギリス

ロンドンの中心部・コヴェントガーデン内にある2つのマーケットが"ジュビリー"と"アップル"です。

ジュビリーマーケットはコヴェントガーデンの端に位置し、服、布、古着系が充実しています。アップルマーケットはとても規模が小さいですが、多彩なアーティストの作品が並びます。

コヴェントガーデンはオペラなどの娯楽施設に加え、あらゆるお店やカフェ・レストランが立ち並び、ショッピングや観光には最適の場所。

私もロンドンで、学校帰りに友達と立ち寄ってお菓子を食べたり、コスメを買いに来たりしていました。

いつ訪れても大道芸などで盛り上がっており、訪れた人の目を輝かせてくれます。

特におすすめなのが、広場の真ん中で行われているクラシック演奏。アイスクリームを食べながら、クラシックを眺めてのんびりが私の定番です。

↓上から眺める人たちの様子

f:id:mimi_shiro:20180927161204j:plain

ピカデリーマーケット(Piccadilly marcket)

f:id:mimi_shiro:20180927161248j:plain

住所:St James's Church, 197 Piccadilly, London W1J 9LL イギリス

教会(St James's Church)で不定期に開催されているマーケット。(公式サイト:英語

小規模ですが、曜日によってお店の内容が異なるところが面白い。

火曜日はおいしい屋台の日。韓国のチキン、日本風のテリヤキ(お店の人は日本人じゃなかったけれど)、イタリアのスイーツ、スペインのパエリア…どの屋台も美味しそうで、本当に迷います。

木曜日に行った時にはアンティークの日でした。ポートベローなどの有名マーケットと違い、人も少ないのでじっくりみることができますよ。

教会の横にある、こじんまりとしたガーデンは地元民の憩いの場所。休憩中のサラリーマンも多く、屋台で買ったランチを満喫しています。

教会では、たまにクラシックコンサートが開かれています。飲食物の持ち込みは禁止ですが、誰でも気軽に入ることができるコンサートなんてステキですよね。

↓クラシックコンサートのリハを見学

f:id:mimi_shiro:20180927161337j:plain

レドンホール マーケット(Leadenhall Market)

f:id:mimi_shiro:20180927161414j:plain

住所:Gracechurch St, London EC3V 1LT イギリス

最後に少し変わったマーケットをご紹介。

レドンホールマーケットは、ロンドン最古の屋根付きマーケットとして有名で、映画『ハリーポッターと賢者の石』のロケ地になった場所でもあります。

ここは他のマーケットとは違い、屋台などはありません。

金融街に近いことから、お高めの仕立屋さん(洋服屋)やレストラン・パブが並ぶ、一風変わったマーケットです。

気軽に入れるようなお店はあまりないので、ハリーポッターファンやレストランでしっかり食事をしたい観光客、仕事帰りのスーツ姿のサラリーマンなどが集まっています。お客さんも、きちんとスーツを着ている人が多いのが特徴的。

ひとり旅ではなかなか入りにくいお店ばかりですが、豪奢な屋根付きの佇まいや入り組んだ路地裏は一見の価値あり。

私はバスでたまたま通り過ぎた時、「なんだ!あのキレイな場所は?!」と驚き、バスを飛び降りて訪れました。そのくらい荘厳で美しい場所です。

古き良きロンドンの雰囲気を満喫したい方は、ぜひ訪れてみてくださいね。

 ▲TOP