暮らすように旅するひとり旅

「暮らすように旅する」をコンセプトに、旅先の暮らしやショップ、便利グッズなどの情報を集めて紹介するライフスタイルメディアです。

暮らすように旅を楽しむ、すぐにできる実践的な5つのポイント

f:id:mimi_shiro:20181008192919j:plain

海外で、暮らすように旅したい。

観光地を慌ただしく周るのではなく、まるで自分の家で過ごすように過ごしたい。

そんな風に考える人も多いのではないでしょうか。

今回は、デジタルノマドとして世界中で「暮らすように旅する」を実践している筆者の経験から、暮らすような旅を満喫するためのポイントをご紹介します。

はじめに

AirBnBなどの民泊をはじめ、『暮らすように旅するツアー』が催行されるなど、旅行の手段として、旅の選択肢は増えてきました。

  • 暮らすように生活しよう!自炊できる民泊ツアー
  • 離島でのんびりする海外旅行

もちろん、そんな旅行会社の謳い文句も素敵です。

しかし、本当に「暮らすように旅する」には、旅行者する人の「気持ち」や「考え方」が一番大切なポイントなんです。

  1. 現地の人と同じような暮らしを満喫してみたい
  2. その国をお客さんとしてではなく、住んでいる人として感じてみたい

暮らすように旅したいと思う人の中には、そんな願望を持っている人が多いはず。

今回は、短期旅行 or 長期滞在に関わらず実践できる、海外で暮らすように旅するためのポイントをご紹介します。

ポイント1 日本と現地で、ライフスタイルを変えない

f:id:mimi_shiro:20181008192254j:plain

"旅行"となると、朝から晩まで予定を詰め込んでしまいがちですよね。

暮らすように旅する1番のポイントは、自分の生活スタイルを現地でも変えないことです。

例えば、普段から外に出かけない人が、ここぞとばかりに一日中歩き回っては疲れるだけ。

「せっかく海外にきたのだから外にでよう」と思うなら、滞在場所から徒歩15分以内で楽しい場所を探しましょう。現地の雰囲気を味わうには十分です。

また、普段から外食が多い人は外食を、自炊が多い人は自炊を、と食生活を変えないことも大切。 

日本でのライフスタイルを、そのまま海外で楽しみましょう。

その国に置き換えてみることで、かえって現地の気候・街並み・雰囲気を存分に味わうことができるんです。

 

ポイント2 現地の人の生活をマネをする

f:id:mimi_shiro:20181008192310j:plain

暮らすように旅する気分が味わえる簡単な方法は、現地で暮らしている人たちの模倣(マネ)をすること。

中でも、私がとくに参考にしているのが「服装」です。

海外旅行の際、持っていく服を気にする方も多いと思いますが、しっかり考えて一張羅を持っていくと、かえって現地で浮いてしまいます。(もちろん観光客として滞在するのであれば問題ないのですが)

私の場合、国を変えるときは、極力シンプルな格好で訪れ、現地の人をみてからその国で過ごす服装を決めます。

そのため、キレイめな格好が多い国では自然とキレイめに、露出度の高い国では自然と露出度が高くなります(笑)

 

もちろん、その国の人全員が同じ格好をしている訳ではありません。

見るポイントは、「スカートをはいている人が少ないなぁ」とか、「まだこの時期でも半袖多いんだ」とか。

それだけで、なんとなく現地に溶け込む服装がわかります。

また副次的な効果として、スリや客引きなど、観光客を狙った犯罪に会う確率を減らすこともできます。

服は組み合わせ次第でガラッと雰囲気を変えることができるので、もし、筆者の持ち歩いている服装リストをみたいという人がいれば、そのうち公開しますw

f:id:mimi_shiro:20181008192333j:plain

服装だけでなく、例えばスーパーでの買い物の仕方、交通手段の使い方も参考になります。

公園で当たり前のように昼寝したり。屋台で買い食いしたり。外でお酒を飲んだり。 

日本とは違った生活を肌で感じると、観光とはまた違った魅力を味わうことができますよね。

 

慣れてきたら、ぜひ現地の交通手段を使いこなしてみてください。

ヨーロッパの都市でおすすめなのが、シェア自転車。

はじめは戸惑うかもしれませんが、今は旅行者のブログなどで、利用方法がネット上にたくさん公開されています。ありがたく活用しましょう。

f:id:mimi_shiro:20181008192407j:plain

はじめて使う機械がわからないのは、日本でも海外でも同じ。

現地で浸透しているものは、直感的に操作できるようになっているので、堂々と挑戦してみましょう。

1.周りを観察  2.ルールをしっかり確認。

これさえ忘れなければ、安全に楽しく現地の生活を体感することができます。 

ポイント3 現地の言葉を少しだけ覚えていく

f:id:mimi_shiro:20181008192653j:plain

日本人は、英語を世界共通言語としてどこでも使えると思っている節があります。

しかし、ヨーロッパの人が全員英語を話せると思ったら大間違い。

「日本人は隣の国だから韓国語を話せるんでしょ?」と言われているようなものです。

英語を使えるのはあくまで「観光地」

スーパーやドラッグストアなど、普通の生活圏では、母国語が使われます。

海外で暮らすように旅行したいと思ったとき、現地の言葉で会話できるとグッと旅が楽しくなります。

言語を覚える、と聞くとすごく抵抗を覚える人もいるかもしれませんが、実はそんなに大変なことではありません。

私がおすすめするのは、以下の7つの単語だけしっかり覚える方法です。

  1. こんにちは
  2. はい/いいえ
  3. すみません
  4. ありがとう
  5. これください
  6. お会計お願いします
  7. さようなら

この7つを覚えていると、

例えばスーパーなら、「お会計お願いしますありがとうさようなら」 

例えばレストランなら、「こんにちは(メニューを指しながら)これくださいお会計お願いしますありがとうさようなら」

なんと、これで済んでしまうんです!

たったこれだけなのに、まるでちゃんと会話しているみたいですよね。

 

最初はうまく伝わらず、恥ずかしく感じることもあるかもしれません。

そんな時こそ、現地の人のマネをするとき。

周りの人がどういう風に言っているか、前に並んでいる人がなんて言っているか聞いてみてください。

一度伝わるとかなり自信が持てますし、気分も上がって嬉しくなります。

f:id:mimi_shiro:20181008195906j:plain

私が一番苦労したのは、フランス語の「さようなら」の発音。

諦めずに行く店行く店で発音していたら、そのうちお店の人に通じるようになりました。(オーボアーってカタカナ発音するのがポイントです)

恥ずかしがらずに実践!これが早く話せるようになるコツです。

一点注意する必要があるのは、現地語で話すと、「あ、話せるんだ!」と思われて、いきなりばーっと捲し立てられることがあります(笑)

不安な人は、「少ししか話せません」という単語も覚えておくか、メモしておくといいですね。

おまけポイント


ちなみに、レストランでメニューに写真がないときは、食べログやWEBサイトに載っている写真をみせて「これください」というとハズレがないです。

メニューに書かれている文字をみても、使っている食材やどのくらいの量なのかわかりませんからね。

ただし、写真は店側もキレイにみせているので、期待の80%くらいのものがくると思っておきましょう(笑)

 

ポイント4 行動範囲を広げすぎない

f:id:mimi_shiro:20181008192717j:plain

例えば、東京の吉祥寺に住んでいる人が、六本木の近辺に詳しいかと言われれば、そんなことないですよね。

東京に23区もあるように、パリもニューヨークもロンドンも広いんです。

自分の生活圏以外のことは、あくまでビジター(訪問者)として遊びにいく、という感覚が普通です。

行動範囲は広げすぎず、気に入った場所をとことん楽しむ、それが暮らすように旅するポイント。

 

そんなこと言っても、初めて訪れた国や都市はどこが気にいるかわからないじゃないか!と思いますよね。

そんな時は、訪れた1日目に街をぐるーっと一周するバスに乗りましょう。

オーディオ解説付きの観光者向けのバスでもいいですし、市内を回っている普通の市バスでもOK。

(こんなバスが必ずあります↓

f:id:mimi_shiro:20181008192751j:plain

半日ぐらい乗りながら、街をみたり、写真をとったりしていると、「なんかこのあたり可愛い!」とか「え、あのお店なんだろう?」という場所が見つかります。

人の好みは偏っているものなので、さっきの場所よりはこっちの建物や雰囲気が好きだなというところがあるはず。 

 

気に入ったお店が見つかったら、ぜひ滞在中に何度か訪れてみてください。

お店に限らず、美術館・博物館、マーケット(市場)・公園etc...。

何度も足を運ぶと、最初は気づかなかった発見があったり、出会いや出来事があって普通の旅行とは違った体験ができます。 

ポイント5 時間を気にしない

f:id:mimi_shiro:20181008192834j:plain

日本で夏と冬の日照時間がちがうように、現地にはその国の生活リズムがあります。

夏のヨーロッパなんて夜9時まで明るいこともざらです。

ライフスタイルは変える必要はありませんが、ライフタイムは現地にあわせましょう。

朝は何時に起きて、お昼は何時に食べて、夜は何時に寝る、という日本式のリズムを忘れるためにも、時間を気にしすぎないことがおすすめです。

 

一番簡単な方法は、時計を見ないで生活すること。時間を気にするのは、時差ボケがひどい12日目だけ。

慣れてきたら現地の体感時間にあわせて、時間を忘れて過ごしてみましょう。 

最後に...

f:id:mimi_shiro:20181008192903j:plain

ツアーも民泊も、もちろん1つの旅行手段ですが、お金を払ってのんびりするだけが暮らすように旅する方法ではありません。

今回ご紹介したように、暮らすように旅ができるかは、旅行する人の「気持ち」や「考え方」次第。 

その国で、お客さん(観光客)として過ごすか、現地人として過ごすかで大きく変わります。

 

私は海外に行ったとき、「現地人に間違われる」ことを目標にしています。

以前、現地の人に、車を止める駐車場が近所にあるか聞かれた時は「よっしゃ!!」と思いました(笑) 

旅行者の人に道を聞かれることも多く、手助けできる時はGoogle Mapなどを使って案内したりしています。

今は世界中にいろんな人が住んでいるので、移民は当たり前ですし、海外で暮らす日本人もたくさんいます。

観光とはちょっと違った、新しい発見やライフスタイルを経験できるのが、暮らすように旅する醍醐味。

ぜひ、現地で暮らすように旅する旅行を満喫してみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 ▲TOP